熊本-日帰り温泉WEB
 HOME
» 熊本の温泉マップ
└周辺マップ
└山江
└相良
人吉
└球磨村
└芦北
└津奈木
└湯の児
» 人吉・温泉
華まき温泉
旅館たから湯
華の荘
あゆの里
新温泉
芳野旅館

» リンクサイト
翠嵐楼(すいらんろう)
一富士旅館
鍋屋本館
ビジネスホテル三浦屋温泉

» 熊本の温泉/家族風呂

人吉温泉 旅館たから湯
人吉温泉 旅館たから湯
半地下になった湯船と仕切りの無い脱衣所という 珍しい温泉。創業当初からの形がそのまま残され レトロな雰囲気が漂います。

泉質:ナトリウム炭酸水素塩 塩化物泉

■料金: 500円
■定休日 無休
■営業時間:9:30〜17:30
■露天 ×
■家族風呂 ×
■食事 ×
■宿泊 ○
■TEL 0966-23-4951
■地図: MAP
■アクセス 熊本県人吉市温泉町2482
■泉質:ナトリウム炭酸水素塩泉
■効能:神経痛、皮膚病、婦人病など



-インフォメーション-

当サイトは熊本県内の気軽に立ち
寄れる温泉や温泉旅行に関する
情報などを紹介しています。
ごゆっくりご覧ください。

当サイトはリンクフリーです。


古くから伝わる温泉療法

温泉療法の歴史は非常に古く、医学、医術が未発達だったころ、温泉療法が非常に大きなウェートを占めていた。そして、温泉も専ら湯治、療養のために用いられた公衆の医療施設であり、農家や木樵、猟師などが偶然発見したものも多い。また、あくまで伝承の域を出ないが、日本神話にまつわる人物などが温泉地を開拓したという話も盛んに聞かれ、中でも少彦名命や大国主命などは医薬にも精通し、温泉に着眼していたといわれる。


湯の花の生成と採取

地熱地帯より噴出した硫気ガスは、硫化水素や二酸化硫黄を含んでいる。これらが酸素に触れると過酸化硫黄となり、さらに水蒸気と反応して硫酸となる。敷き詰められた青粘土の表面付近では硫酸の濃度が上昇し、それに伴って粘土中の鉄やアルミニウムが溶出されてくる。


人吉エリアの温泉の紹介。

相良路の湯おおが 料金:大人300円/子供150円
時間:24時間
定休日:無休
TEL:0966-22-3600
住所:熊本県人吉市灰久保町21

明哲温泉 料金:300円
時間:7:00〜23:00
定休日:無休
TEL:0966-22-1238
住所:熊本県人吉市仏頂町1140