熊本-日帰り温泉WEB
 HOME
» 熊本の温泉マップ
└周辺マップ
└山江
└相良
人吉
└球磨村
└芦北
└津奈木
└湯の児
» 人吉・温泉
華まき温泉
旅館たから湯
華の荘
あゆの里
新温泉
芳野旅館

» リンクサイト
翠嵐楼(すいらんろう)
一富士旅館
鍋屋本館
ビジネスホテル三浦屋温泉
鍋屋本館
桃李温泉 石亭の館
芳野旅館

» 人吉温泉
人吉温泉元湯
川端温泉
堤温泉
鶴亀温泉
うぐいす温泉
筌場温泉花手箱
国民宿舎くまがわ荘
涼水戸温泉
しらさぎの湯
相良藩願成寺温泉
中神温泉
人吉旅館
明哲温泉
かくれ里の湯

» 熊本の温泉/家族風呂



相良路の湯おおが 熊本県人吉市灰久保町21
TEL:0966-22-3600
料金:300円/150円
華まき温泉
華まき温泉
温泉通にはたまらない温泉の一つで、その泉質は 炭酸水で、肌にびっしりとつく気泡が肌をスベス ベにしてくれる。湯船に浸かった瞬間に他の温泉 とは一味違った印象が体中を駆け巡るだろう。

なめらかなお湯は湯心地抜群で、気泡が 保温効果ももたらす。家族湯には洒落た 打たせ湯も ついていて、蛇口をひねるとお湯が出てきます。 一般浴場 もありますが、部屋付きの家族湯も おすすめです。ゆったりとくつろげます。
料金はこちら。 湯量も豊富で、通路には源泉が祀られている。

貸切湯は5室あり、すべて和室付きで食事や休憩ができる。 近所にこんな温泉があったら毎日でも行きたいものだ。

■料金:大人300円 子供150円
■定休日 無休
■営業時間:10:00〜23:30
■露天 ×
家族風呂 ○1500円60分/4名まで
■食事 ○
■宿泊 ×
■TEL 0966-22-6981
■地図: MAP
■アクセス 熊本県人吉市下原田町1518
■泉質:ナトリウムー炭酸水素塩泉
■効能:神経痛、 筋肉痛、関節痛、五十肩、冷え性など



人吉の日帰り温泉施設/立ち寄り湯一覧
人吉の温泉施設/日帰り温泉/立ち寄り湯
華まき温泉 0966-22-6981 熊本県人吉市下原田町1518
旅館たから湯 0966-23-4951 熊本県人吉市温泉町2482
ホテル華の荘 0966-22-1126 熊本県人吉市東間下町米山3316
あゆの里 0966-22-2171 熊本県人吉市九日町30
新温泉 0966-22-2020 熊本県人吉市紺屋町80-2


-インフォメーション-

当サイトは熊本県内の気軽に立ち
寄れる温泉や温泉旅行に関する
情報などを紹介しています。
ごゆっくりご覧ください。

当サイトはリンクフリーです。


アルカリ性温泉の特徴

アルカリ性の温泉に入浴すると肌がヌルヌルする。これは化学反応により皮脂から石鹸に類似した物質が作られたり、また強アルカリ性では表皮のタンパク質が溶解するために感じるものである。皮膚表面の古い角質を溶解・除去する作用により、肌を滑らかにし、新陳代謝が期待できることから、アルカリ性の温泉は「美肌効果」が謳われ、「美人の湯」と称されることもある。


風呂のルーツ行水

行水(ぎょうずい)とは、桶やたらい等にお湯や水をそそぎ、それを浴びて体を洗うこと。入浴の一形態。行水は、20世紀末頃に家庭用給湯器が普及する以前に、しばしばみられた体を清潔にするための行為であるが、同時に夏などに暑さをしのぎ涼を取るためにも行われたため、夏の季語になっている。

やかんなどで湯を沸かし、水を入れたたらいに湯を足して温度調節をする。たらいは古く木製であったが、後にアルマイトやトタン(めっきした鉄薄板)などでできた「金ダライ(かなだらい)」、あるいはプラスチック製のものが用いられた。

風呂において桶を満たすほどの湯水を得難かった時代には、少量の湯水をたらいに湛えて下半身を浸け、手桶で肩から水を流したり、たらいの水に浸した手拭を絞り、体を拭った。場合によっては垣根で囲われた庭にたらいを置いて戸外で浴びる姿なども江戸時代から明治・大正の風俗を示した絵などに残る。


人吉エリアの温泉の紹介。

かくれ里の湯 料金:大人500円/子供300円
定休日:第1火曜
TEL:0966-23-1111
住所:熊本県人吉市矢岳町3248

石亭の館 料金:300円
定休日:月曜、年末年始
時間:8:00〜22:00
TEL:0966-22-3637
住所:熊本県人吉市矢黒町1970-5

ホテルさ蔵 料金:大人500円/子供300円
家族湯:60分/1300円
定休日:無休
時間:7:00〜23:00
TEL:0966-24-8385
住所:熊本県人吉市西間下町一本杉154-1