熊本-日帰り温泉WEB
 HOME
» 熊本の温泉マップ
└周辺マップ
└山江
└相良
人吉
└球磨村
└芦北
└津奈木
└湯の児
» 人吉・温泉
華まき温泉
旅館たから湯
華の荘
あゆの里
新温泉
芳野旅館

» リンクサイト
翠嵐楼(すいらんろう)
一富士旅館
鍋屋本館
ビジネスホテル三浦屋温泉

» 熊本の温泉/家族風呂

新温泉
新温泉
まさに町の温泉浴場といった、現在では目にすることが 少なくなった温泉浴場。新温泉は現在もその存在感を少し も失っていない。

外観から浴槽までレトロ感で覆われた雰囲気は、入湯する 人を昭和初期へといざなう独特の空間がある。それ故にお 湯も見事なもので、新温泉のファンの方々が毎日常連とし て訪れている。番台に座る女将のにこやかな表情にもきっ と癒されることだろう。

■料金:大人300円 子供120円
■定休日 第1月曜
■営業時間:13:00〜22:00 貸切11:00〜21:00
■露天 ×
■家族風呂 ×
■日帰 ○
■食事 ×
■宿泊 ×
■TEL 0966-22-2020
■地図: MAP
■アクセス 熊本県人吉市紺屋町80-2
■泉質:アルカリ性単純泉
■効能:神経痛、リウマチ、運動麻痺、胃腸病、創傷など



-インフォメーション-

当サイトは熊本県内の気軽に立ち
寄れる温泉や温泉旅行に関する
情報などを紹介しています。
ごゆっくりご覧ください。

当サイトはリンクフリーです。


現代の温泉療養

一部の温泉では温泉医療を専門とした温泉医を育成し、温泉病院や温泉診療所などを設け、温泉医療に多大な成果を上げるようになった。

古くからの湯治の名湯として知られた温泉地は、医学的、化学的根拠が生まれたことから、その伝統に誇りを持ち、旧套を堅持するようになった。これらの療養、湯治のための温泉は、戦後盛んになった行楽、歓楽温泉とは一線を画すようになり、国も効能が高く、保養、湯治に向いている温泉を国民保養温泉、または国民保健温泉と指定するなど差別化を図るようになり、国からのお墨付きをいただいた温泉地はそれを売りにするようにもなっている。


釜風呂

釜風呂(かまぶろ)は、主に日本列島の内陸部で広まった蒸し風呂である。特に京都の八瀬の竈風呂が代表的。岩で直径2m程度のドーム型に組んだ下側に小さな入口がある構成。最初にドーム内で火を焚き熱する。加熱後に換気を行い、塩水で濡らした莚を引いて、その上に人が横たわる形で入浴をした。


人吉エリアの温泉の紹介。

人吉温泉元湯 料金:200円
時間:6:00〜12:00/15:00〜22:00
定休日:第2火曜
TEL:0966-23-3054
住所:熊本県人吉市麓町9