熊本-日帰り温泉WEB
 HOME
» 熊本の温泉マップ
└周辺マップ
└山江
└相良
人吉
└球磨村
└芦北
└津奈木
└湯の児
» 人吉・温泉
華まき温泉
旅館たから湯
華の荘
あゆの里
新温泉
芳野旅館

» リンクサイト
翠嵐楼(すいらんろう)
一富士旅館
鍋屋本館
ビジネスホテル三浦屋温泉

» 熊本の温泉/家族風呂

ホテル華の荘
ホテル華の荘
小高い丘の上に立つ温泉ホテル。大浴場露天から眺める景色は、 広々とした庭園越しに人吉市内を一望できる。夜は星空と夜景 を楽しむことができそうだ。

人気の貸切湯は6室用意されており、 全室に露天と内湯がある贅沢なつくりだ。脱衣所にはソファー とテレビがあり、いたれりつくせりの時間を過ごすことができる。 また、貸切湯の露天には庭園も備える。ホテル内にはレストラン やマッサージルームもあるので、ぜひ利用してみたい。

■料金: 500円
■定休日 無休
■営業時間:6:00〜翌1:00
■露天 ○
家族風呂 ○1500円/60分2名 日帰
■食事 ○
■宿泊 ○
■TEL 0966-22-1126
■HP:http://www.hananoshou.com/index_2.html
■地図: MAP
■アクセス 熊本県人吉市東間下町米山3316
■泉質:ナトリウム・塩化物炭酸水素塩泉
■効能:関節痛、筋肉痛、神経痛など



-インフォメーション-

当サイトは熊本県内の気軽に立ち
寄れる温泉や温泉旅行に関する
情報などを紹介しています。
ごゆっくりご覧ください。

当サイトはリンクフリーです。


赤湯

赤湯(あかゆ)は、湯の色が赤色をした温泉の総称。にごり湯の一種で、浴槽内で析出、または沈殿している湯の花の色が赤色をしている湯に対してこの名称がつけられることが多い。赤色をしているのは、含鉄泉などのように温泉成分に多量に含まれる鉄分が酸化鉄として湯の花になるためである。著名な赤湯は有馬温泉の金泉である。

赤色の湯は特徴的であることから、そのまま温泉名も「赤湯」となることが多い。しかしながら、山形県の赤湯温泉のように無色透明の湯も存在する。これについては開湯伝説に因んで命名されたためである。


菖蒲湯(しょうぶゆ)

菖蒲湯(しょうぶゆ)とは5月5日の端午の節句の日に、ショウブ(菖蒲)の根や葉を入れて沸かす風呂のことである。年中行事のひとつ。

ショウブをどのように入れるかについては各人さまざまであり、長いまま入れる場合もあり、また、刻んで入れる場合もある。

効能は、菖蒲にはアサロンやオイゲノールという精油成分が多く含まれている。腰痛や神経痛を和らげる効果が期待できる。店頭で売られている菖蒲は葉の部分が多いが、血行促進や保湿効果の薬効がある精油成分は根の部分にあるので、それを望む場合は漢方薬局で相談するとよい。

また、菖蒲には独特の香りがある。菖蒲湯にはアロマセラピー効果もあり、心身ともリラックスすることを期待できる。


人吉エリアの温泉の紹介。

しろみづき荘 料金:500円
時間:10:00〜21:00
定休日:水曜、元旦
TEL:0966-24-2824
住所:熊本県人吉市矢黒町1961-1