熊本-日帰り温泉WEB
 HOME
» 熊本の温泉マップ
└周辺マップ
└山江
└相良
人吉
└球磨村
└芦北
└津奈木
└湯の児
» 人吉・温泉
華まき温泉
旅館たから湯
華の荘
あゆの里
新温泉
芳野旅館

» リンクサイト
翠嵐楼(すいらんろう)
一富士旅館
鍋屋本館
ビジネスホテル三浦屋温泉

» 熊本の温泉/家族風呂

ホテル華の荘
ホテル華の荘
小高い丘の上に立つ温泉ホテル。大浴場露天から眺める景色は、 広々とした庭園越しに人吉市内を一望できる。夜は星空と夜景 を楽しむことができそうだ。

人気の貸切湯は6室用意されており、 全室に露天と内湯がある贅沢なつくりだ。脱衣所にはソファー とテレビがあり、いたれりつくせりの時間を過ごすことができる。 また、貸切湯の露天には庭園も備える。ホテル内にはレストラン やマッサージルームもあるので、ぜひ利用してみたい。

■料金: 500円
■定休日 無休
■営業時間:6:00〜翌1:00
■露天 ○
家族風呂 ○1500円/60分2名 日帰
■食事 ○
■宿泊 ○
■TEL 0966-22-1126
■HP:http://www.hananoshou.com/index_2.html
■地図: MAP
■アクセス 熊本県人吉市東間下町米山3316
■泉質:ナトリウム・塩化物炭酸水素塩泉
■効能:関節痛、筋肉痛、神経痛など



-インフォメーション-

当サイトは熊本県内の気軽に立ち
寄れる温泉や温泉旅行に関する
情報などを紹介しています。
ごゆっくりご覧ください。

当サイトはリンクフリーです。


飲泉(いんせん)について

古く湯治においては、温泉に入るだけではなく、飲泉を行うことによってさらに回復効果が高まるという考えがあった。また、特に炭酸泉などは「霊泉」といわれ、薬効が高いものとして珍重されたほか、嗜好飲料として飲まれることもあった。明治時代、大正時代にはサイダー飲料の原料として炭酸泉が用いられた事例も存在する。現在でも、露天風呂の注ぎ口などにコップや柄杓などを設置して利用者に飲ませたり、別途蛇口を設置して、飲泉設備として整備している例が散見される。とはいっても、強酸性や強食塩泉であったり、温泉成分として水銀やヒ素等を含むなど、泉質によっては飲用に適さないものもある。また、温泉といっても循環風呂の注ぎ口のお湯は衛生上問題があるので飲むべきではない。たとえ掛け流しでも、保健所に飲泉許可を取得していないことにより、飲泉が禁じられている場合もある。


生姜湯

生姜湯(しょうがゆ)とは、生姜を用いた飲料の総称。また、生姜の成分を用いた風呂で、飲用として生姜をお湯や煎茶などに溶き(醤油などで味を調えることもある)飲用に供する。加える調味料の比率や数は、製造会社または、個々の家庭において違いがあり、企業の味から家庭の味まで様々である。片栗粉等でとろみを付け保温性を高めることもある。

冬季における必要摂取カロリーの確保に一役買っている。生姜湯の派生飲料も多々あり、生姜に加え夏蜜柑、レモン等の柑橘類を使用した飲料も発売されている。浴用では細く刻んだ生姜を布袋に入れて浴用とする。


人吉エリアの温泉の紹介。

しろみづき荘 料金:500円
時間:10:00〜21:00
定休日:水曜、元旦
TEL:0966-24-2824
住所:熊本県人吉市矢黒町1961-1