熊本-日帰り温泉WEB
 HOME
» 熊本の温泉マップ
└周辺マップ
└五木
└水上
相良
└湯前
└多良木
└あさぎり
└山江
» さがら・温泉
さがら温泉 茶湯里

» 熊本の温泉/家族風呂





黒川温泉
山みず木
耕きちの湯
新明館
黒川荘
湯本荘
和風旅館 美里
旅館やまの湯
御客屋旅館
里の湯 和らく
夢龍胆
奥の湯
湯峡の響き優彩
ふもと旅館
いこい旅館
こうの湯
のし湯
やまびこ旅館
ふじ屋
樹やしき
山河旅館
旅館 南城苑
お宿 野の花
旅館 わかば
帆山亭
旅館 壱の井
三愛高原ホテル


天草の日帰り温泉
東シナ海に沈む夕景が素晴らしく、日帰り温泉にはもったいない くらいのロケーションが特徴だ。 宿泊施設を備える宿は料金も手ごろで、出来れば 一泊してゆっくり過ごしたい。市内からのアクセスは 多少時間もかかるが、日帰りのドライブを兼ねて出かける と良いだろう。 ≫主な施設ペルラの湯/麟泉の湯/やすらぎの湯/白鷺館/愛夢里

菊池温泉
清流荘
七城の森
家族風呂 蘇ざき
月ノホタル
菊池渓谷 水の駅
七城温泉ドーム
岩蔵
四季の里旭志
さがら温泉 茶湯里
さがら温泉茶湯里
人吉インターから車で8分のところにあるさがら温泉茶湯里。 温泉以外にもログハウスの宿泊施設や スライダー付き の温水プール、 グラウンドゴルフ など施設は充実していて、 本格的な複合型温泉施設だ。

浴槽は 大浴場 に低周波風呂、サウナ、歩行浴があり、 露天風呂は和風庭園の見事な庭造りの中に存在感を放つ 石造りの露天風呂がある。緑の植え込みは四季の移ろいを 堪能できる。広々としていて、ゆったりと浸かれる。

食事処もあり、いろどり 善など人気だ。日帰りだけでなく、泊まってゆっくり過ご したいところだ。
■施設概要
和室5、 洋室4、 和洋室4、 ログハウス5棟、 離宿1室の全19室、95名の宿泊が可能。
和洋宴会場や茶室も備える。

■宿泊
1泊2食9450円〜
1泊朝食付き6825円〜
ログハウス1棟10500円/+大人1名1260円


■料金:大人400円 子供200円
(温水プール大人750円/子供400円)
■定休日 不定休
■営業時間:6:00〜23:00
■露天:○
■家族風呂:×
■食事:○
■休憩:○
■宿泊:○ログハウス1棟10500円/+大人1名1260円
■TEL:0966-25-8111
■HP:http://www3.ocn.ne.jp/~sayuri/
■地図: MAP
■アクセス 熊本県球磨郡相良村大字深水2136
■泉質:ナトリウム炭酸水素塩泉
■効能:関節痛、神経痛、慢性消化器病など



-インフォメーション-

当サイトは熊本県内の気軽に立ち
寄れる温泉や温泉旅行に関する
情報などを紹介しています。
ごゆっくりご覧ください。

当サイトはリンクフリーです。


飲泉(いんせん)について

古く湯治においては、温泉に入るだけではなく、飲泉を行うことによってさらに回復効果が高まるという考えがあった。また、特に炭酸泉などは「霊泉」といわれ、薬効が高いものとして珍重されたほか、嗜好飲料として飲まれることもあった。明治時代、大正時代にはサイダー飲料の原料として炭酸泉が用いられた事例も存在する。現在でも、露天風呂の注ぎ口などにコップや柄杓などを設置して利用者に飲ませたり、別途蛇口を設置して、飲泉設備として整備している例が散見される。とはいっても、強酸性や強食塩泉であったり、温泉成分として水銀やヒ素等を含むなど、泉質によっては飲用に適さないものもある。また、温泉といっても循環風呂の注ぎ口のお湯は衛生上問題があるので飲むべきではない。たとえ掛け流しでも、保健所に飲泉許可を取得していないことにより、飲泉が禁じられている場合もある。


柚子湯

柚子湯(ゆずゆ)とは、柚子を浮かべた風呂であるで、日本では、江戸時代頃より冬至に柚子を浮かべた湯舟に入浴する習慣がある。「ゆず湯に入れば風邪を引かない」と言われている。冬至の日において、柚子湯を用意する銭湯もある。

柚子湯の作り方としては、柚子の果実を5 - 6個輪切りにして、湯に浮かべる。皮膚が弱い人は、輪切りにした柚子の果実を熱湯で20 - 30分蒸らし、その後、布袋に入れて湯に浮かべるとよい。血液の流れを良くする血行促進効果があり、風邪の予防だけではなく、冷え性や神経痛、腰痛などを和らげる効果があるとされている。


さがらエリアの温泉の紹介。

国民宿舎くまがわ荘 料金:大人350円/子供100円
定休日:無休
時間:7:30〜21:30
TEL:0966-22-2787
住所:熊本県人吉市相良町4-2
泉質:単純温泉