熊本-日帰り温泉WEB
 HOME
» 熊本の温泉マップ
└周辺マップ
└南小国
└阿蘇
南阿蘇
└高森
└大津
└西原
└山都
» 南阿蘇・温泉
白水温泉 瑠璃
ホテルグリーンピア南阿蘇
月廻り温泉館
四季の森
木の香湯
癒しの里
ゆうやけ
阿蘇健康火山温泉
小山旅館
どんどこ湯
清風荘
ウィナス
山口旅館
竹の倉山荘
天然温泉憩いの家

» リンクサイト
旅館竹楽亭
旅館みな和
華もみじ
朝陽旅館

» 熊本の温泉/家族風呂

阿蘇健康火山温泉
阿蘇健康火山温泉
阿蘇健康火山温泉 阿蘇健康火山温泉
阿蘇火山温泉はなんといっても日本最大級の大庭園露天風呂につきる。 男女ともに1000坪からの敷地を有し、木立は草花に覆われ、見事な 庭園をまるで散策するかのように入浴できる。 阿蘇健康火山温泉
広々とした寝湯をはじめ、ミネラル湯、漢方の湯、蒸気サウナ、 洞窟風呂など、一大温泉テーマパーク化している。ついつい時間 も忘れてしまうくらいだ。壮大な開放感の中唯一ストレスが体内 から発散されていくのを感じ取れる温泉だ。 阿蘇健康火山温泉 乳白色の温泉や、ワイン色の香りの良い温泉など、 テーマ別に様々の温泉が露天風呂に点在し、その敷地面積は 日本一とされる。 阿蘇健康火山温泉 一風変わった洞窟風呂は入口は小さいが中に入ってみると 大人5〜6人くらいはゆっくり入れるような広さだ。 また、寝湯もあり、一つ一つ湯めぐりしているうちに 1時間くらいはすぐに経つ。 阿蘇健康火山温泉 サウナやミストサウナ、岩盤浴、アロマのお風呂など、 様々な個別の温泉があり、それぞれのブースは一つの 通路でつながっているので、順番に入ると良い。 雨の日でも問題なく、利用できる。

ファームランド内には元気の森をはじめ、さまざまな施設やアトラクションがあり、 一日中遊んでも時間が足らないくらいだ。隣接するドーム型の 宿泊施設でできれば宿泊して、
阿蘇山頂草千里 などの観光もゆっくり楽しみたい。


■料金:大人1300円
■定休日 無休
■営業時間:6:00〜9:00 10:30〜24:00
■露天 ○
■食事 ○
■宿泊 ○
■TEL 0967-67-0001
■HP:http://www.aso-rr.jp/page0147.html
■地図: MAP
■アクセス 熊本県阿蘇郡長陽村河陽5579-3 
■泉質:弱食塩泉
■効能:やけど、切り傷、動脈硬化症など
■写真  1 2



-インフォメーション-

当サイトは熊本県内の気軽に立ち
寄れる温泉や温泉旅行に関する
情報などを紹介しています。
ごゆっくりご覧ください。

当サイトはリンクフリーです。


赤湯

赤湯(あかゆ)は、湯の色が赤色をした温泉の総称。にごり湯の一種で、浴槽内で析出、または沈殿している湯の花の色が赤色をしている湯に対してこの名称がつけられることが多い。赤色をしているのは、含鉄泉などのように温泉成分に多量に含まれる鉄分が酸化鉄として湯の花になるためである。著名な赤湯は有馬温泉の金泉である。

赤色の湯は特徴的であることから、そのまま温泉名も「赤湯」となることが多い。しかしながら、山形県の赤湯温泉のように無色透明の湯も存在する。これについては開湯伝説に因んで命名されたためである。


岩盤浴の効果

発汗作用により新陳代謝の活発化が図れる。具体的な薬事効能を示す施設もあるが、疑似科学的な効果を掲げるケースも多々見受けられるので注意が必要である。

人工的な岩盤浴では、遠赤外線に関連する特殊な岩石の使用を謳う施設も多い。遠赤外線はどのような岩石であれ熱すれば必ず放射するが、岩石によって遠赤外線の放射率と放射量に差があり、鉱石の違いを謳う施設の主張にも科学的な検討の価値がある。

岩盤浴が糖尿病などの生活習慣病の症状改善に効果が高いことを、岡山大学大学院保健学研究科の上者(じょうじゃ)郁夫教授の研究グループが明らかにした。


南阿蘇エリアの温泉の紹介。