熊本-日帰り温泉WEB
 HOME
» 熊本の温泉マップ
└周辺マップ
└南小国
└阿蘇
南阿蘇
└高森
└大津
└西原
└山都
» 南阿蘇・温泉
白水温泉 瑠璃
ホテルグリーンピア南阿蘇
月廻り温泉館
四季の森
木の香湯
癒しの里
ゆうやけ
阿蘇健康火山温泉
小山旅館
どんどこ湯
清風荘
ウィナス
山口旅館
竹の倉山荘
天然温泉憩いの家

» リンクサイト
旅館竹楽亭
旅館みな和
華もみじ
朝陽旅館

» 熊本の温泉/家族風呂

ホテルグリーンピア南阿蘇
flickrから、世界の人が掲載している写真を検索します
ホテルグリーンピア南阿蘇
南阿蘇随一の眺望を誇る温泉で、外輪山の中腹から雄大な阿蘇の 景色を眺めることができる。県外からの来客などを連れて行くと、 とても喜ばれる。

浴槽も広々としていて、内湯に露天風呂、 岩風呂など豪華なつくりに翻弄される。 一度は行ってみたい温泉だ。館内にはレストランもあり、 ランチを食べるとお風呂が無料になるサービスもあるので、 事前にチェックしてでかけよう。

■料金:大人500円 子供300円
■定休日 無休
■営業時間:12:30〜19:00
■露天 ○
■家族風呂 ×
■日帰 ○
■食事 ○
■宿泊 ○予約
■TEL 0967-67-2131
■HP:http://hgp-minamiaso.com/
■地図: MAP
■アクセス 熊本県阿蘇郡南阿蘇村久石4411-9
■泉質:炭酸水素塩泉.
■効能:打ち身、筋肉痛、五十肩など



-インフォメーション-

当サイトは熊本県内の気軽に立ち
寄れる温泉や温泉旅行に関する
情報などを紹介しています。
ごゆっくりご覧ください。

当サイトはリンクフリーです。


外湯(そとゆ)のルーツ

外湯(そとゆ)とは、温泉街に存在する、宿泊施設を伴わない公衆浴場、日帰り入浴施設のこと。内湯に対する対義語である。源泉開発の技術が乏しかった時代、温泉は自然湧出源泉に限られていた。湯量が限られていたことや、温泉は皆の共有財産で誰かの占有物ではない、という考えから湯船は源泉が湧出する場所に共同の浴場として整備され、旅館はその周辺に建てられた。宿泊客は温泉に浸かる際には、旅館の外にある共同浴場に通っていた。大正時代以降、源泉開発技術が向上するにつれ、旅館ごとに独自の源泉を持つようになった。

その際に、旅館独自の湯と旅館の外の湯ということで、内湯、外湯という区分が生じた。源泉の意から、元湯と呼ぶ温泉もある。古くからの湯治場は、皆外湯に通う形態であったが、今日では俵山温泉、温湯温泉、城崎温泉、など一部に残るのみである。外湯の多くは、地元の人が管理している共同浴場であったが、今日では休息施設を併設した日帰り入浴施設も多く存在する。


岩風呂

岩風呂(いわぶろ)、もしくは石風呂(いしぶろ)は、主に日本の瀬戸内海など海岸地帯にあった蒸し風呂である。天然の石窟などの密閉された岩穴の中で火を焚いて熱し、水気を与えることで蒸気浴や熱気浴をする。

海辺の風呂と山間地の風呂では蒸気を起こす方法に違いがある。海辺の風呂では適当な温度になったところで灰の上に海藻や海水で濡らした莚(むしろ)を引く。川沿いの風呂は真水で濡らした稲藁と菖蒲を敷いて蒸気を起こした。


南阿蘇エリアの温泉の紹介。