熊本-日帰り温泉WEB
 HOME
» 熊本の温泉マップ
└周辺マップ
└熊本
└城南
小川
└美里
└宇土
└不知火
└氷川
» 松橋・小川・温泉
なごみ温泉やすらぎの湯
隠れ家温泉古保山リゾート

» 熊本の温泉/家族風呂





合志の温泉
ユーパレス弁天
きしゃぽっぽ
湯の屋台村


南小国の日帰り温泉
南小国エリアには多種多様の貸切風呂、家族風呂が点在しています。家族連れで迷ったら南小国に行けばきっと気に入った貸切湯が見つかると思います。
»主な施設
彩乃彩/お宿玄河/旅館にしむら/流憩園/大朗舘/湯之迫/温泉館きよら/御宿しらかわやすらぎの夢/九峯館/おおぎ荘/竹ふえ/るりの湯/もとむら湯小屋/瑞雲荘/守護陣温泉岳の湯/民宿萬屋/万作の湯/草太郎庵/山しのぶ/はなむら/その他

津奈木・湯の児の温泉
津奈木温泉 四季彩
斉藤旅館
昇陽館
なごみ温泉やすらぎの湯
なごみ温泉 なごみ温泉やすらぎの湯
なごみ温泉やすらぎの湯は小川町にあるショッピングセンターの 横にある温泉で、建設中から気になっていた温泉だ。 ショッピングセンターの賑々しいイメージがどうしても 邪魔して、温泉本来のゆったりとしたイメージが想像 できなかったのだが、一度行ってみて取り越し苦労だと すぐに解かった。

玄関前には足湯を施し、 館内は木造を多様した独特の柔らかい空気感を出していて、 来る人をやさしく和ませる雰囲気をもっている。 また、浴槽までのアプローチも中庭を真横に見て なんとも風情がある。ちょっとした旅の宿を思わせる ようで、非日常感を演出している。

浴槽は広く、大き目の内湯が2つ、大きめのサウナと 売り物でもある塩サウナがある。塩サウナは 普通のサウナ程は熱くなく、こんもりと盛られた 塩を体中にに塗り込み、じわりと発汗を楽しめる。 もちろん洗い流した後は肌もすべすべになる。

サウナ好きな人にはこちらもおすすめだろう。 ゆったりと広めの室内に大型のテレビが備え付けて ある。テレビを見る見ないは別にして、ゆったりと 過ごせるのがよい。発汗作用も良く、水風呂も良い。

水風呂は、なごみ温泉やすらぎの湯の名物にも なっている「にがり」の風呂になっていて、 こちらはものすごく肌に良いということだ。 アトピーの人などには特にその効果が伺える ことだろう。できれば何度か通ってみたいものだ。

にがり湯は天然活性水素を含み、全国でも珍しい温泉で、 肌に気泡が無数につくことから「泡の湯」とも呼ばれている。
アメニティーも充実している。ボディーローションや シャンプーは2種類用意されていて、好みで選べる ようになっている。炭シャンプーなどがお勧めだ。

なごみ温泉 さて、露天風呂の方だが、こちらも大胆に多数の 施設を有している。にがり湯のかけ流しや木造りの 露天風呂、桶風呂、玉石を敷き詰めた庭などを 歩くのも健康にいいだろう。また、館内のサウナ、 塩サウナとは別に、屋外に設置されている ミストサウナも見逃せない。こちらも湯めぐりの ローテーションの一角に入れたいところである。

家族湯は10室あり、ほとんど待ち時間なしに 利用できそうだ。正面玄関から右奥に行ったところに 別棟であるので、注意が必要だ。

なごみ温泉やすらぎの湯の湯めぐりが終わったら ぜひ食事処で料理を味わおう。 日替わり定食がおすすめで、低価格で本格的な 季節の料理が味わえる。

貝汁の定食や白身魚のフライ など、毎回変わるので、楽しみの一つにもなっている。 入湯前に、玄関横のレストラン入口にランチメニュー が置いてあるので、チェックしてから入浴しよう。 お風呂から上がるのが楽しみになってくるはずだ。 なごみ温泉 なごみ温泉

■なごみ温泉やすらぎの湯
■料金:大人500円 子供300円
■定休日 -
■営業時間:10:00〜22:00
■露天 ○
家族風呂 ○50分1200円 10:00〜23:00
■日帰 ○
■食事 ○
■宿泊 ×
■TEL 0964-47-5533
■HP:http://www.nagomionsen.co.jp/
■地図: MAP
■アクセス 熊本県宇城市小川町北新田5−1
■泉質:塩化物泉
■効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消化器病、疲労回復など
■写真  1 2



-インフォメーション-

当サイトは熊本県内の気軽に立ち
寄れる温泉や温泉旅行に関する
情報などを紹介しています。
ごゆっくりご覧ください。

当サイトはリンクフリーです。


含鉄泉

温泉水1kg中に総鉄イオン (Fe++, Fe+++) を20mg以上含有する温泉で、炭酸水素塩系のものと硫酸塩系のものが存在する。湧出後の酸化により、温泉が黄色や赤色、赤褐色を示すのが特徴。赤湯と呼ばれる温泉は鉄泉であることが大半である。また、炭酸を含有する場合(炭酸泉)もある。


ドラム缶風呂

ドラム缶風呂(ドラムかんぶろ)は、空いたドラム缶を廃品利用して風呂として使用したものであり、石を積んで作った釜の上に置いたドラム缶に水を満たし、底部を釜の火で熱してお湯にする。

入浴は木の蓋を踏んで入るか、あるいは下駄を履いて入るかである。第二次世界大戦中、(燃料の空き缶など素材が調達しやすいことから)戦地でよく作られ、戦後も簡易な風呂として、内風呂のない家庭も多かった昭和40年代頃までは一般家庭でもしばしば行われていた。

現在でも、野外でドラム缶風呂に入浴できるようなドラム缶加工品が市販されている。


小川エリアの温泉の紹介。