熊本-日帰り温泉WEB
 HOME
» 熊本の温泉マップ
└周辺マップ
└御船
└富合
城南
└甲佐
└美里
└宇土
└小川
» 城南温泉
城南温泉

» 熊本の温泉/家族風呂





天草の温泉
さざ波の湯
海ほたる
金乃入湯
河童ロマン館


南小国の日帰り温泉
南小国エリアには多種多様の貸切風呂、家族風呂が点在しています。家族連れで迷ったら南小国に行けばきっと気に入った貸切湯が見つかると思います。
»主な施設
彩乃彩/お宿玄河/旅館にしむら/流憩園/大朗舘/湯之迫/温泉館きよら/御宿しらかわやすらぎの夢/九峯館/おおぎ荘/竹ふえ/るりの湯/もとむら湯小屋/瑞雲荘/守護陣温泉岳の湯/民宿萬屋/万作の湯/草太郎庵/山しのぶ/はなむら/その他

山江・さがら・芦北温泉
山江温泉ほたる
さがら温泉茶湯里
大野温泉センター
御立岬温泉センター
城南温泉旅館
城南温泉旅館
管理人おすすめの温泉でもある城南温泉は、なんといっても その泉質に尽きると思う。施設は現在ではさほど大きい方でも ないのだが、やっぱり温泉好きにとっては泉質が一番の リピート要因になるようだ。

源泉かけ流しのお湯は、無色透明で肌触りが良く、 なめらかな泉質は肌を包み込むようで、体の芯から疲れを取り除い てくれるような湯心地感がある。

疲れが取れる感が自分の中にあるので、だいたい利用するときは 疲労回復目的が多い。湯上りは全身の血色が良くなり、 顔が真っ赤になることも多々。それほどの効果が城南温泉には ある。ただし、湯心地感は人それぞれなので、必ずしも すべての人に当てはまるとは言えないので、あまり期待しすぎる のもいけないので、そのへんはご了承ください。

浴槽は内湯と露天風呂、打たせ湯、露天檜風呂、家族風呂がある。 月毎に男女が入れ替わり、露天は岩風呂と、やや深めの 石造りの露天とがある。月夜の時などは満天の星空を見ながら 風情に浸りゆったりと露天風呂につかると楽しみもまた 増え、ちょっとした旅情感も味わうことができるだろう。

城南温泉には、食事処もあり、ちゃんぽんや日替わり弁当など リーズナブルな料金設定はありがたい。併設されているグラウンドゴルフは 本格的な公認コースで4コースから楽しめる。

■城南温泉旅館
■料金:大人450円 子供200円
■定休日 無休
■営業時間:10:00〜22:00
■露天 ○
■家族風呂:1500円60分 別途入浴料必要
■食事 ○
■宿泊 ○
■TEL 0964-28-8611
■HP:
■地図: MAP
■アクセス 熊本県熊本市南区城南町大字藤山1715
■泉質:単純温泉
■効能:神経痛、リュウマチ、創傷など



-インフォメーション-

当サイトは熊本県内の気軽に立ち
寄れる温泉や温泉旅行に関する
情報などを紹介しています。
ごゆっくりご覧ください。

当サイトはリンクフリーです。


モール泉

モール泉とは、植物起源の有機質を含んだ温泉のこと。モール温泉ともいう。モールとは、ドイツ語で湿原 (Moor) のこと。昭和初期には十勝川温泉を含め世界で2か所しかないといわれていた。しかしその後、各地でモール泉が確認されている。

温泉法に基づくの療養泉の分類についての泉質とは全く別の概念である。療養泉の分類上では単純温泉や塩化物泉、炭酸水素塩泉などであり、効能などはそれぞれに準じる。石炭の形成途上であり炭化が進んでいない泥炭や亜炭層から源泉を汲み上げるため、植物起源の有機質を多く含み、肌に触れるとツルツルとした感触があるのが特徴だが、効能としては認められていない。湯色は飴 - コーラ色を呈し、黒湯(褐色湯)のように透明度が極めて低い湯もある。

これらのうちの一部は、源泉が地下10メートル前後と極めて浅い層からでも得られること、湯温も30度前後と低いことなどから、地下に封入された化石水による温泉ではなく、自由水が泥炭中の有機物から生じる熱で暖められているのではないかという説がある。


沐浴(もくよく)とは

は水を頭から浴びること、浴は水に身体を浸けることを意味する。水や湯を用いることが一般的である。それ以外にも煙・火・香料などによりけがれを落とすことも沐浴に含める。 多くの宗教で奨励されている参拝、礼拝の前に手や足、顔、口など体の一部を水で洗う行為も沐浴の一種である。


城南エリアの温泉の紹介。