熊本-日帰り温泉WEB
 HOME
» 熊本の温泉マップ
└周辺マップ
└熊本
富合
└御船
└甲佐
└城南
└小川
└宇土
» 富合・温泉
しあわせの湯

» 熊本の温泉/家族風呂





美里の温泉
佐俣の湯
かりまた荘
元湯 佐俣の湯


南関の温泉
うから館
ホテルセキア
ふるさと交流センター


大津・菊陽・西原・益城温泉
岩戸の里
さんさんの湯
泉力の湯
龍神の湯
くまもとエミナース
しあわせの湯
しあわせの湯

■料金:大人500円 子供300円
■定休日 毎週木曜11時-24時迄
■営業時間:10:00〜24:00
■露天 ×
■家族風呂 ×
■日帰 ○
■食事 ×
■宿泊 ×
■TEL 096-357-1512
■HP:
■地図: MAP
■アクセス 熊本県熊本市南区富合大字田尻611

鉄分を多く含んだ赤湯が特徴。



-インフォメーション-

当サイトは熊本県内の気軽に立ち
寄れる温泉や温泉旅行に関する
情報などを紹介しています。
ごゆっくりご覧ください。

当サイトはリンクフリーです。


二酸化炭素泉

療養泉のうち塩類泉に分類される。1キログラム中に遊離炭酸を1グラム以上を含む温泉や鉱泉のこと。旧泉質名は単純炭酸泉であり、今日でも「炭酸泉」という名称が多用されている。また、俗称として「ラムネの湯」とも一部で呼ばれている。

入浴すると皮膚に炭酸の泡が付着するが、付着量に関しては二酸化炭素泉により差があり、このことと炭酸ガス(二酸化炭素)の実際の溶け込み量や効能との関係などについて一概に言えない。なお、炭酸を多く含有するからといって純粋な二酸化炭素泉(単純二酸化炭素泉)とは限らず、天然のものでは泉質上、炭酸水素塩泉や含鉄泉に分類され赤褐色となることも多い。また、二酸化炭素泉と炭酸水素塩泉の泉質を併せ持つ場合もある。


沐浴(もくよく)とは

は水を頭から浴びること、浴は水に身体を浸けることを意味する。水や湯を用いることが一般的である。それ以外にも煙・火・香料などによりけがれを落とすことも沐浴に含める。 多くの宗教で奨励されている参拝、礼拝の前に手や足、顔、口など体の一部を水で洗う行為も沐浴の一種である。


富合エリアの温泉の紹介。