熊本-日帰り温泉WEB
 HOME
» 熊本の温泉マップ
└周辺マップ
└坂本
└山江
└球磨村
芦北
└津奈木
└湯の児
└天草
» 芦北・温泉
大野温泉センター
御立岬温泉センター
吉尾温泉 湧泉閣
ヘルシーパーク芦北
ささ原温泉

» リンクサイト
芦北町計石温泉センター
野坂屋旅館

吉尾温泉共同浴場
岩の湯
計石温泉センター

» 熊本の温泉/家族風呂





五木の日帰り温泉
五木の子守唄で有名な五木村にあり路の駅五木も兼ねる温泉施設。温泉館夢唄でもっとも象徴的なのが、紅葉の時期、露天風呂から眺める大自然の絶景だろう。心身ともに暖まり、気分もリフレッシュできるはずだ。また、隣接する物産館にはご当地名産の、山うに豆腐や味噌豆腐はお土産に欠かせないものだ。食事休憩も楽しみがあり、隣接するレストランではジャンボ揚げ豆腐が味わえる。一度食べてみると解かるが、ジャンボというだけに本当に大きいのだ。話の種にもなるだろう、一度ご賞味あれ。
»主な施設
五木温泉夢唄

南小国の温泉
家族湯 彩乃彩
お宿玄河
旅館にしむら
旅館流憩園
大朗舘
旅館湯之迫
温泉館きよら
御宿しらかわ
やすらぎの夢
九峯館
おおぎ荘
竹ふえ
るりの湯
もとむら湯小屋
瑞雲荘
守護陣温泉
岳の湯
民宿萬屋
万作の湯
草太郎庵
山しのぶ
四季の里 花むら


天草の温泉
さざ波の湯
海ほたる
金乃入湯
河童ロマン館
大野温泉センター
大野温泉センター
大野温泉センターの造りの特徴はなんといってもレトロ感だろう。 外観は藁葺き屋根で、中に入ると木をふんだんに使ってあり、 温かい雰囲気を醸し出している。まるで昭和初期を彷彿させるようだ。

コンセプトが昭和初期に設定されていて、オープン当初は自動 販売機もなかったくらいだが、住民の要望により、現在では多 岐にわたり改善されている。
泉質も良くなめらかな肌触りで、木の香りとほどよく調和し ている。飽きのこない浴場といえる。

露天風呂には打たせ湯もあり、外の景色も小高い山を 背景に新緑や紅葉を楽しむ事ができる。

湯上りには地元特産の郷土料理のバイキングが人気を呼んでいる。 鶏をつかった炊き込みご飯や出汁の効いた吸い物、白和え や季節のてんぷらなどずらりと並ぶ。また、子供向けの スパゲティーやミートボール、から揚げなどもあり、 家族で利用できそうだ。

物産館の賑わいも目を引いた。地元特産品は、 はるばる熊本市内から購入に来る人もいるそうで、 漬物や乾物、小麦粉などすべて手作りのものが 販売されている。

物産館に地元特産品を納められている一さんに 話を伺った。 自宅の庭先には柿を剥いた後の皮がたくさん天日干し されていたので、何に使われるのか伺ったところ、 漬物を漬ける時に野菜の間に挟んでおくと甘みが でるとのことだった。

もちろん剥いた中身の柿はつるし柿として 食卓に並ぶことになるのだが、少しも無駄のない ところに、本物の食文化を感じさせられた。

その他メリケン粉や正月は門松なども物産館に 納められている。

■料金:大人500円 子供300円
■定休日 火曜 祝日の場合は翌日
■営業時間:11:00〜20:00 金曜は〜21:00 土日祝日は10:00〜21:00
■露天 ○
家族風呂 ○60分1000円 別途入浴料必要
■食事 ○
■宿泊 ×
■TEL 0966-61-7300
■HP:http://homepage3.nifty.com/oonoonsen/
■地図: MAP
■アクセス 熊本県葦北郡芦北町大字天月1000
■泉質:アルカリ性単純泉
■効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消化器病、冷え性、疲労回復など



芦北の日帰り温泉施設/立ち寄り湯一覧
芦北の温泉施設/日帰り温泉/立ち寄り湯
大野温泉センター 0966-61-7300 熊本県葦北郡芦北町大字天月1000
御立岬温泉センター 0966-87-2555 熊本県葦北郡芦北町大字田浦町124
吉尾温泉 湧泉閣 0966-83-0055 熊本県葦北郡芦北町吉尾42
ささ原温泉 0966-86-2683 熊本県葦北郡芦北町湯浦66-1
計石温泉 センター 0966-82-2911 熊本県芦北郡芦北町計石2963-13
ヘルシーパーク 芦北 0966-86-0259 熊本県芦北郡芦北町大字湯浦253
公衆浴場 岩の湯 0966-86-0653 熊本県葦北郡芦北町湯浦230-10
国民年金 保養センター ブルーマリンあしきた 0966-82-5000 熊本県芦北郡芦北町鶴木山1660-5


-インフォメーション-

当サイトは熊本県内の気軽に立ち
寄れる温泉や温泉旅行に関する
情報などを紹介しています。
ごゆっくりご覧ください。

当サイトはリンクフリーです。


江戸時代の温泉

江戸時代になって参勤交代制度によって各街道が整備されると、今まで地元の住人しか利用されなかった温泉は、往来する人々によって流布されていくようになり、様々な温泉地が発展を遂げた。開湯伝説が広まったのもこの頃からであり、各の温泉が歴史や効能を挙って謳い文句とした。また、藩主や城主がその効能に目を付け、藩湯として温泉地を占有したり、その一方で庶民のために温泉による湯治場を開いたりもした。その中で今日に至るまで名湯として知られるものも存在する一方、一部の温泉は温泉による療養より、むしろ今日に多い行楽温泉として発達を遂げていくものも現れ、従来の温泉観とは一線を画すものとなった。また、この頃になると医学的に温泉療法を解析した者も現れ、中でも儒学者、本草学者でもあった貝原益軒は「益軒養生訓」において温泉に多くの頁を割いている。他に江戸の名医であった後藤艮山、シーボルトと親交があった宇田川榕菴などが温泉研究の先駆である。


塩サウナ

日本国内のスーパー銭湯で見られる。ソルティサウナとも呼ばれ、サウナ浴室内で身体の皮膚に塩を塗布する。これは皮膚表面に塗布した食用塩がサウナでの発汗で溶け、その塩水で身体をマッサージすることにより、皮膚表面の消毒・清浄が行なわれる。また溶け切っていない塩の粒でのスクラブ効果が相乗されることにより、健康・美容に良いと宣伝されている。

塩を塗布する際には、皮膚を傷めないように力を入れて塩を摺り込まないようにし、また塩の脱水効果により痛みを生じるので、顔や性器・肛門などの粘膜部に塩が付かないようにする。また、塩サウナ浴室から出た後には、塩が皮膚に残らぬようシャワー等で洗い流すようにする。塩サウナは主に中低温の乾式サウナで提供されるが、稀に高温の塩サウナや湿式の塩サウナもある。


芦北エリアの温泉の紹介。