熊本-日帰り温泉WEB
 HOME
» 熊本の温泉マップ
└周辺マップ
└大津
└合志
└菊陽
益城
└西原
└熊本
└御船
» 益城・温泉
くまもとエミナース

» 熊本の温泉/家族風呂





大矢野の日帰り温泉
海の幸のメッカということで、このあたりの温泉施設では 温泉のみならず、食事にも力を入れているところが多い。 日帰り温泉だけではなく、温泉宿においても食事休憩プラン で格安の料金で提供している宿も少なくない。 ≫主な施設スパ・タラソ天草/松風閣/小松屋渚館/藍の岬/松竜園 /清流荘/旅館ニュー浜磯/湯楽亭/その他

大津・菊陽・西原・益城温泉
岩戸の里
さんさんの湯
泉力の湯
龍神の湯
くまもとエミナース


大津・菊陽・西原・益城温泉
岩戸の里
さんさんの湯
泉力の湯
龍神の湯
くまもとエミナース
くまもとエミナース
くまもとエミナース
全館バリアフリーの安心の設備。グラウンドゴルフやテニスコート、 プールなどの施設も備える。

内湯/露天風呂/サウナ/身障者用風呂
泉質:ナトリウム炭酸水素塩化物泉


■料金:大人500円 子供300円
■定休日 無休
■営業時間:10:00〜22:00 (月・金は12:00〜)
■露天 ○
■家族風呂 ×
■日帰 ○
■食事 ×
■宿泊 ○
■TEL 096-286-1111
■HP:http://www.eminence.gr.jp/
■地図: MAP
■泉質:炭酸水素塩泉、塩化物泉
■効能:関節痛、神経痛、疲労回復など
■アクセス 熊本県上益城郡益城町大字田原2071−1




-インフォメーション-

当サイトは熊本県内の気軽に立ち
寄れる温泉や温泉旅行に関する
情報などを紹介しています。
ごゆっくりご覧ください。

当サイトはリンクフリーです。


湯治湯と一般浴場の違い

湯治湯は今日では療養、湯治、保養温泉として知られる一方で、一部では行楽温泉として発達したケースもあり、そのような温泉地では共同温泉、浴用施設などにおいて、一部の心ない旅行客や地元住民によって純粋な療養客からの苦情を生ずる場合がある。このような対策として、一般旅行客に対してマナー運動を呼びかけたり、温泉地での条例、ルールを決めたりするほか、療養客専用の共同浴場や一般客宿泊お断りの温泉なども存在する。


風呂のルーツ行水

行水(ぎょうずい)とは、桶やたらい等にお湯や水をそそぎ、それを浴びて体を洗うこと。入浴の一形態。行水は、20世紀末頃に家庭用給湯器が普及する以前に、しばしばみられた体を清潔にするための行為であるが、同時に夏などに暑さをしのぎ涼を取るためにも行われたため、夏の季語になっている。

やかんなどで湯を沸かし、水を入れたたらいに湯を足して温度調節をする。たらいは古く木製であったが、後にアルマイトやトタン(めっきした鉄薄板)などでできた「金ダライ(かなだらい)」、あるいはプラスチック製のものが用いられた。

風呂において桶を満たすほどの湯水を得難かった時代には、少量の湯水をたらいに湛えて下半身を浸け、手桶で肩から水を流したり、たらいの水に浸した手拭を絞り、体を拭った。場合によっては垣根で囲われた庭にたらいを置いて戸外で浴びる姿なども江戸時代から明治・大正の風俗を示した絵などに残る。


益城エリアの温泉の紹介。