熊本-日帰り温泉WEB
 HOME
» 熊本の温泉マップ
└周辺マップ
└黒川温泉
小国・杖立
└南小国
└産山
└阿蘇
└南阿蘇
└高森
» 小国・杖立温泉
豊礼の湯
天狗松 裕花
博士の湯
お宿 華坊
友愛山荘
亀山の湯
清涼荘
旅館 山翠
たけの蔵
くぬぎ湯
やすらぎの宿
杖立観光ホテルひぜんや
杖立グランドホテルくきた
くきた別館
ひごや旅館
ふくみ山荘
久野屋旅館
米屋別荘
和風旅館 泉屋
大自然
吉祥の湯
観音岩温泉
白岩温泉
小杉庵
富温泉
ゆけむり茶屋
やすらぎの宿 むらせ
葉隠館
御前湯
長栄荘
旅館やまがや
わかのや
新ひたや
丸正旅館
旅館 いとう
白水荘
千代の湯
とんぼ

» 熊本の温泉/家族風呂

小国・杖立温泉
小国・杖立温泉
※詳細は変更の場合もありますので、事前にお問い合わせください。
やすらぎの宿 むらせ(杖立温泉)
料金:1000円で3軒入浴可
定休日:不定休
営業時間:-
露天:- 家族風呂:
日帰:○ 食事:○(要予約)2100円〜
宿泊:○ TEL 0967-48-0311 MAP
葉隠館(杖立温泉)
料金:1000円で3軒入浴可
定休日:不定休
営業時間:-
露天:× 家族風呂:×
日帰:○ 食事:×
宿泊:○ TEL 0967-48-0246 MAP
御前湯(杖立温泉)共同浴場
料金:200円
定休日:-
営業時間:-
露天:× 家族風呂:×
日帰:○ 食事:×
宿泊:× TEL なし       MAP
長栄荘(杖立温泉)
料金: 
定休日:不定休
営業時間:-
露天:× 家族風呂:×
日帰:○ 食事:×
宿泊:○ TEL 0967-48-0095 MAP
旅館やまがや
料金:-
定休日:不定休
営業時間:-
露天:- 家族風呂:-
日帰:○ 食事:○食事休憩(予約)
宿泊:○ TEL 0967-48-0338 MAP
四季の宿 わかのや (杖立温泉)
料金:1000円で3軒入浴可
定休日:不定休
営業時間:-
露天:- 家族風呂:×
日帰:○ 食事:×
宿泊:○ TEL 0967-48-0031 MAP
新ひたや(杖立温泉)
料金:-
定休日:不定休
営業時間:-
露天:× 家族風呂:×
日帰:○ 食事:×
宿泊:○ TEL 0967-48-0097 MAP
丸正旅館(杖立温泉)
料金:1000円で3軒入浴可
定休日:-
営業時間:-
露天:× 家族風呂:-
日帰:○ 食事:○予約3000〜5000円
宿泊:×  TEL 0967-48-0052 MAP
旅館 いとう(杖立温泉)
料金:-
定休日:不定休
営業時間:-
露天:- 家族風呂:-
日帰:○ 食事:×
宿泊:○ TEL 0967-48-0158 MAP
白水荘(杖立温泉)
料金:1000円で3軒入浴可
定休日:不定休
営業時間:6:00〜23:00
露天:× 家族風呂:×
日帰:○ 食事:×
宿泊:○ TEL 0967-48-0321 MAP
千代の湯
料金:-
定休日:不定休
営業時間:10:00〜15:00
露天:- 家族風呂:-
日帰:○ 食事:×
宿泊:- TEL 0967-48-0137   MAP
ペンション とんぼ
料金:500円 貸切60分
定休日:不定休
営業時間:7:00〜10:00 16:00〜22:30
露天:○ 家族風呂:
日帰:○ 食事:×
宿泊:○ TEL 0967-44-0285  MAP
田舎の宿 おかもと(鈴ヶ谷温泉)
料金:貸切50分 2000円分
定休日:水曜(祝日は営業)
営業時間:8:00〜17:00
露天:○ 家族風呂:
日帰:○ 食事:×
宿泊:○ TEL 0967-46-3762 MAP
阿蘇鶴温泉 ロッジ村
料金:貸切50分 1500円分
定休日:なし
営業時間:11:00〜19:00
露天:○ 家族風呂:貸切
日帰:○ 食事:×
宿泊:○ TEL 0967-23-2288 MAP



-インフォメーション-

当サイトは熊本県内の気軽に立ち
寄れる温泉や温泉旅行に関する
情報などを紹介しています。
ごゆっくりご覧ください。

当サイトはリンクフリーです。


外湯(そとゆ)のルーツ

外湯(そとゆ)とは、温泉街に存在する、宿泊施設を伴わない公衆浴場、日帰り入浴施設のこと。内湯に対する対義語である。源泉開発の技術が乏しかった時代、温泉は自然湧出源泉に限られていた。湯量が限られていたことや、温泉は皆の共有財産で誰かの占有物ではない、という考えから湯船は源泉が湧出する場所に共同の浴場として整備され、旅館はその周辺に建てられた。宿泊客は温泉に浸かる際には、旅館の外にある共同浴場に通っていた。大正時代以降、源泉開発技術が向上するにつれ、旅館ごとに独自の源泉を持つようになった。

その際に、旅館独自の湯と旅館の外の湯ということで、内湯、外湯という区分が生じた。源泉の意から、元湯と呼ぶ温泉もある。古くからの湯治場は、皆外湯に通う形態であったが、今日では俵山温泉、温湯温泉、城崎温泉、など一部に残るのみである。外湯の多くは、地元の人が管理している共同浴場であったが、今日では休息施設を併設した日帰り入浴施設も多く存在する。


草津温泉の湯の花

草津温泉の湯畑のように木製の樋に源泉を通して行う方法である。およそ2ヶ月ほど源泉を樋に流し、湯の花を析出させる。その後源泉を樋ごとに堰き止め、湯の花を採取する。それを乾燥室で乾燥させ、乾燥後、容器に詰め商品とする。

草津温泉の人工湯の花は、元来、硫黄鉱山原石粉砕湯花(天然)と西の河原源泉むしろ沈殿乾燥計り売り湯花(天然)が由来である。水道水の普及により、購入者から「強すぎる」という声が多く出て、塩素を除去・弱化させる炭酸カルシウムで天然原料の時代から希釈して、皮膚弱者を守ってきた経緯がある。


小国エリアの温泉の紹介。

立ち寄り湯めぐり帳

杖立温泉にある宿に、 1000円で3ヶ所の日帰り入浴が楽しめます。 9時〜20時30分
・泉屋
・石庭風呂 かねいし
・福満湯 くきた本館
・仇討ちの湯 米屋別荘
・長寿霊泉 葉隠館
・浪漫の湯 白水荘
・白瀬の湯
・やまがや
・みどりの湯 わかのや
・湧美人の湯 ひごや
・寿の湯 日田屋
・宝の湯
・久野屋
・静香の湯 ふくみ山荘
・善隣乃湯 丸正
・延命の湯 むらせ
・湧渓泉