熊本-日帰り温泉WEB
 HOME
» 熊本の温泉マップ
└周辺マップ
黒川温泉
└小国・杖立
└南小国
└産山
└阿蘇
└南阿蘇
└高森
» 黒川温泉
観光旅館組合加盟店
  入湯手形が使えるお風呂

山みず木
耕きちの湯
山の宿 新明館
黒川荘
旅館 湯本荘
和風旅館 美里
旅館 やまの湯
御客屋旅館
里の湯 和らく
瀬の本館夢龍胆
旅館 奥の湯
湯峡の響き優彩
ふもと旅館
いこい旅館
こうの湯
お宿 のし湯
やまびこ旅館
ふじ屋
いやしの里 樹やしき
山河旅館
旅館 南城苑
お宿 野の花
旅館 わかば
帆山亭
旅館 壱の井
三愛高原ホテル

» 熊本の温泉/家族風呂

三愛高原ホテル
三愛高原ホテル
瀬の本高原にあり、高台の露天風呂からは阿蘇の五岳を
望むことができ素晴らしい眺望と開放感で満たされる。
雄大な阿蘇の大草原が眼前広がる、開放感一杯の露天風で、 露天風呂にはジャグジーの寝湯もあり、360度見渡す限り 大自然を満喫することができる。

大自然を肌で感じる露天風呂と、阿蘇の四季を見渡す大浴場。 少しつるつるした柔らかい肌触りの天然温泉が特徴。

露天風呂は、ホテル館内より50m程離れているため、 明かりの影響が少なく、天気の良い夜は 空一杯の星が望めます。

展望大浴場(内湯)は、 前面がガラス張りのため阿蘇五岳を 一望することができます。 広々とした浴場には泡風呂・打たせ湯もあります。

三愛高原ホテルの貸切湯は、 ゆっくりと手足を伸ばす、 ちょっとした贅沢が味わえる。 ゆったりめのお風呂で気兼ねなく寛げます。
五岳と紅葉の2箇所があります。

利用時間 16:30〜23:00
(有料¥1000込/1時間)

泉質:単純温泉[低張性 弱アルカリ性 高温泉]
泉温:49.7℃
適応症:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・うちみ・ くじき・冷え性・疲労回復など

立ち寄り湯は、入浴受付時間8:30〜20:00まで利用でき、
大人[中学生以上]\500込
小人[3歳以上小学生まで]\300込
で利用可能。

黒川温泉入湯手形の利用もできます。 立ち寄り湯の入湯は露天風呂のみとなります。

昼食休憩 1人\5250(税込)より。 ※2〜3日前までの予約が必要です。 ※部屋をご利用の場合は1人様\525(税込)必要です。 ※部屋利用の場合、11:00〜14:00まで。 ※ご昼食休憩は、露天・大浴場とも利用頂けます。

三愛高原ホテルの周辺には、ウォーキングコースがあります。 高原の爽やかな風を感じながら、散策を楽しめます。 遊歩道沿いには季節毎の美しい野の花が見事です。

■三愛高原ホテル
■料金:大人500円 子ども300円
■定休日:不定休
■営業時間:8:30〜19:00
■露天:○ 家族風呂:○
■日帰:○ 食事:○予約
■宿泊:○
■TEL 0967-44-0121
■アクセス:熊本県阿蘇郡南小国町瀬の本高原
■HP:http://www.san-aihotel.gr.jp/
■地図: MAP
■泉質:単純温泉[低張性 弱アルカリ性高温泉
■効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、うちみ、くじき、冷え性、疲労回復など



-インフォメーション-

当サイトは熊本県内の気軽に立ち
寄れる温泉や温泉旅行に関する
情報などを紹介しています。
ごゆっくりご覧ください。

当サイトはリンクフリーです。


モール泉

モール泉とは、植物起源の有機質を含んだ温泉のこと。モール温泉ともいう。モールとは、ドイツ語で湿原 (Moor) のこと。昭和初期には十勝川温泉を含め世界で2か所しかないといわれていた。しかしその後、各地でモール泉が確認されている。

温泉法に基づくの療養泉の分類についての泉質とは全く別の概念である。療養泉の分類上では単純温泉や塩化物泉、炭酸水素塩泉などであり、効能などはそれぞれに準じる。石炭の形成途上であり炭化が進んでいない泥炭や亜炭層から源泉を汲み上げるため、植物起源の有機質を多く含み、肌に触れるとツルツルとした感触があるのが特徴だが、効能としては認められていない。湯色は飴 - コーラ色を呈し、黒湯(褐色湯)のように透明度が極めて低い湯もある。

これらのうちの一部は、源泉が地下10メートル前後と極めて浅い層からでも得られること、湯温も30度前後と低いことなどから、地下に封入された化石水による温泉ではなく、自由水が泥炭中の有機物から生じる熱で暖められているのではないかという説がある。


足湯の概要

服を脱がずに手軽に温泉を楽しめるため、温泉街の街角に設置されることが多い。他にも、鉄道駅、道の駅、公園、空港、港など、観光客が多く集まる場所で見かけることができる。日本の場合、ほとんどの足湯は無料で利用できるが、一部では寸志または料金として200円以下の金額で楽しむことが可能な場合もある。

全身で入浴する通常の温泉と違って、膝下だけお湯に浸かるため、のぼせしにくく、足に太い血管が通っているため全身を温めることができる。裸足になり、長ズボンなどを着用している場合はズボンが湯に浸からないようにたくし上げならなければ入ることができない。更衣室が用意された足湯があるがそれはごく僅かである。

着衣のまま利用できる温浴施設として、足湯の一部には手湯がある施設もある。また温泉蒸気を利用したものとしては鉄輪温泉の「足蒸し」や、酸ヶ湯温泉の「まんじゅうふかし」などがある。


「黒川温泉観光旅館協同組合」に加盟している 温泉宿を紹介しています。
加盟している温泉宿の目玉はやっぱり「入湯手形」 だろう。入湯手形とは一枚1200円で購入すると、 黒川温泉観光旅館協同組合に加盟している温泉宿 で3件のお風呂に入ることができます。黒川の温泉を 満喫するにはぴったりのサービスです。

料金 手形1枚1200円(一人様1枚ずつ必要)
利用回数   3回
有効期限   6ヶ月間有効(購入時に日付けをスタンプ)
利用時間   午前8時30分〜午後9時

清掃、工事、休館等の為、入浴できない日や時間がある場合が あるので事前に問い合わせておくと良いです。

入湯手形