熊本-日帰り温泉WEB
 HOME
» 熊本の温泉マップ
└周辺マップ
└阿蘇
└南阿蘇
菊池
└山鹿
└植木
└合志
└大津
» 菊池・温泉
清流荘(湯の倉)
七城の森
蘇ざき
月ノホタル
菊池渓谷水の駅
七城温泉ドーム
岩蔵
四季の里 旭志
水辺プラザかもと
不二の湯
城乃井温泉
菊池観光ホテル
菊池わくわく温泉

» リンクサイト
望月旅館
保慶館
城乃井温泉
くなこく城

» 熊本の温泉/家族風呂

菊池渓谷 水の駅
菊池渓谷 水の駅
菊池渓谷より近く、奥深い山の中を菊池川の清流が流れる風光明媚なロケーションにある、温泉や 食事、キャンプなどの施設を兼ね備える複合型レジャー施設。

露天風呂からは清流のせせらぎに耳を傾け、木立に囲まれた山々を眺めながら湯船に浸れる。 心身ともにリラックスできる温泉だ。

温泉以外にもキャンプ施設や地元の食材を味わえる 食事処もある。 お土産などを販売する物産館もあるので、ぜひ立ち寄りたい場所だ。

■料金:大人300円 子供200円
■定休日 無休
■営業時間:12:00〜18:00 温泉以外の施設は9時〜
■露天 ○
■家族風呂 ×
■食事 ○
■宿泊 ○
■TEL 0968-27-1717
■HP:http://www.mizunoeki.com/
■地図: MAP
■アクセス 熊本県菊池市重味2331-9
■泉質:アルカリ性単純温泉
■効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、関節のこわばり、運動麻痺、うちみなど



-インフォメーション-

当サイトは熊本県内の気軽に立ち
寄れる温泉や温泉旅行に関する
情報などを紹介しています。
ごゆっくりご覧ください。

当サイトはリンクフリーです。


湯治(とうじ)について

湯治(とうじ)とは、温泉地に長期間(少なくとも一週間以上)滞留して特定の疾病の温泉療養を行う行為である。日帰りや数泊で疲労回復の目的や物見遊山的に行う温泉旅行とは、本来区別すべきである。

湯治についてはかかりつけの医師とよく相談し、目的と効能を明確にしてから行うべきである。できれば湯治先の温泉地にも、医師や看護師などから入浴方法や体調の維持などのアドバイスを受けられる体制が整っていることが望ましい。

素人判断で行う湯治は、効果を半減するばかりではなく、場合によっては悪化させることもあるので要注意である。


浴衣(ゆかた)

平安時代の湯帷子(ゆかたびら)がその原型とされる。湯帷子は平安中期に成立した倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)によると、内衣布で沐浴するための衣とされている。この時代、複数の人と入浴する機会があったため汗取りと裸を隠す目的で使用されたものと思われる。素材は、水に強く水切れの良い麻が使われていたという説がある。

安土桃山時代頃から湯上りに着て肌の水分を吸い取らせる目的で広く用いられるようになり、これが江戸時代に入って庶民の愛好する衣類の一種となった。「ゆかた」の名は「ゆかたびら」の略である。


菊池エリアの温泉の紹介。