熊本-日帰り温泉WEB
 HOME
» 熊本の温泉マップ
└周辺マップ
└玉名
└植木
熊本
└合志
└菊陽
└益城
└富合
» 熊本・温泉
天使湯閣
城の湯
湯らっくす
ばってんの湯
ぶぶたん
健軍の湯 一休
嘉島湯元 水春
あがんなっせ

» リンクサイト
ピースフル優祐悠
宿庵研屋
元湯かもと湯
梶尾温泉
神園山荘

» 熊本の温泉/家族風呂

健軍の湯一休
flickrから、世界の人が掲載している写真を検索します
健軍の湯一休
市内からのアクセスも良く、立地条件の良さから県内随一の 人気の温泉。広々とした館内の施設は充実しており、立ち湯 や寝湯、炭酸泉など、浴槽のバリエーションも広い。

その他のサービスもあかすりや、エステ、マッサージなどの 評判も上々だ。貸切湯もあり、独自のサウナを備える。

食事処では本格中華を味わえる。 価格はすべてリーズナブル な設定で、500円前後だ。ランチメニューもあり、この日の ランチは酢豚、串かつ、ライス、小鉢、杏仁豆腐で、680円也。 食事だけでも立ち寄りたいような満足度であった。

■料金:大人500円 子供250円
■定休日 無休
■営業時間:10:00〜翌3:00
■露天 ○
家族風呂 ○2000/60分
■日帰 ○
■食事 ○
■宿泊 ×
■TEL 096-214-0919
■HP:
■地図: MAP
■アクセス 熊本県熊本市東区佐土原2丁目2−1
■泉質:弱アルカリ性単純温泉
■効能:美肌効果、冷え性、慢性婦人病、アトピー、関節痛、リユマチ、筋肉痛、疲労回など



-インフォメーション-

当サイトは熊本県内の気軽に立ち
寄れる温泉や温泉旅行に関する
情報などを紹介しています。
ごゆっくりご覧ください。

当サイトはリンクフリーです。


飲泉(いんせん)について

古く湯治においては、温泉に入るだけではなく、飲泉を行うことによってさらに回復効果が高まるという考えがあった。また、特に炭酸泉などは「霊泉」といわれ、薬効が高いものとして珍重されたほか、嗜好飲料として飲まれることもあった。明治時代、大正時代にはサイダー飲料の原料として炭酸泉が用いられた事例も存在する。現在でも、露天風呂の注ぎ口などにコップや柄杓などを設置して利用者に飲ませたり、別途蛇口を設置して、飲泉設備として整備している例が散見される。とはいっても、強酸性や強食塩泉であったり、温泉成分として水銀やヒ素等を含むなど、泉質によっては飲用に適さないものもある。また、温泉といっても循環風呂の注ぎ口のお湯は衛生上問題があるので飲むべきではない。たとえ掛け流しでも、保健所に飲泉許可を取得していないことにより、飲泉が禁じられている場合もある。


半身浴

38度から39度の湯にみぞおちから下の半身だけを湯船につける。30分以上が望ましい。 空調が整っていない場合、上半身が冷えるため、上着やタオルを羽織って入浴するとよい。ただし、湯に濡らしてしまうと体の熱を奪ってしまうため、乾いた状態で羽織る。

全身浴に比べ、心臓への負担が少なくなるため、お年寄りや心臓が弱い人、心臓に疾患がある方に適している。


熊本エリアの温泉の紹介。