屋久島縦走-宮之浦岳ヘッドロック
 HOME
---The 屋久島縦走---
» 屋久島縦走はじめに
└屋久島縦走-宮之浦岳ヘッドロックへ
 ようこそ。別に私はレスラーで
 も何でもない普通の一般人...more

» 準備その1基礎体力
└今回の屋久島縦走で感じた事です
 が、屋久島の登山客の殆んどの人が
 日帰り登山を楽しんで...more

» 準備その2登山用具
└登山用具ですが、これが一番頭が
 痛かったです。とにかく登山用具は
 しっかりしたものばかりで、...more

» 準備その3食料
└屋久島縦走で食べる食料ですが、
 1泊2日の日程で、大まかに分けて、
 主食と行動食を用意します...more

» 準備その4その他
└屋久島縦走には登山用具、食料
 以外にも必要なものがたくさんあり
 ます。登山届けや救急用品...more

 
» 宮之浦港着
» 登山用具レンタル
屋久島縦走 1日目
» 白谷雲水峡
» 飛流おとし
» さつき吊橋
» 三叉路
» 白谷小屋
» もののけ姫の森
» 辻峠
» 辻の岩屋
» 楠川分かれ
» 大株歩道入口
» 翁杉
» ウィルソン株
» 大王杉
» 夫婦杉
» 縄文杉
» 高塚小屋
屋久島縦走 2日目
» 新高塚小屋
» 第一展望所
» 第二展望所
» 坊主岩
» 平石岩屋
» 平石
» 焼野三叉路
» 宮之浦岳
» 栗生岳
» 投石平
» 黒味岳分岐
» 花之江河
» 小花之江河
» 展望所
» 淀川小屋
» 淀川登山口
» 紀元杉バス亭
リンクサイト
» 屋久島-WEB






屋久島縦走はじめに
屋久島の主なスポットを表示しています。 クリックすると関連ページを表示します。
屋久島地図





屋久島登山ルートより永田岳を望む
屋久島縦走-宮之浦岳ヘッドロックへようこそ。 別に私はレスラーでも何でもない普通の一般人なのですが、 なぜか宮之浦岳の山頂に立つ標識をヘッドロックせずに いられませんでした。今から思えばスキンシップの ようなものだったかもしれませんが、偶然にもこの ヘッドロックが今回の屋久島縦走の象徴的な一枚と なったため、あえてタイトルとさせていただきました。

屋久島縦走を通して感じた 好奇心や冒険心、不安、失望感、怒りや憎しみ、気迫、気力、そして 笑いや涙までに至るまで、喜怒哀楽(感情)のオンパレードを実感した ままに、息子との珍道中や絆などをおりまぜながら、 屋久島縦走を紹介しています。

2009年より高校生になった息子が縄文杉に行ってみたい! と言ったのがきっかけで始まった「屋久島縦走」(のちに試練となる) でしたが、それはそれは大変過酷な旅路となりました。 しかし、その分得られたものは大きく、憎しみに 満ちた、当時の宮之浦岳山頂のヘッドロックが今では愛情表現に さえ思えてしまうくらいに充実したものとなりました。

2日間の縦走は初日6時間、2日目が9時間30分の超過酷な スケジュール。途中で何度も挫折して心が折れました。また、 「なんで来てしまったのか?」という後悔の念や、 「もう絶対来ない!」といった憎しみの気持ちにもなりました。 しかし、2日目の最終バスは待ってはくれません。携帯で タクシーに連絡しようとも電波は圏外です。誰とも連絡 がとれません。万が一最終バスに乗り遅れるような事が あると、予約しておいた民宿に迷惑がかかりますし、 ビバーグして、夜を明かしたとしても家族には心配も かけます。もう最終バスに間にあうしか無いのです。

特に2日目の宮之浦岳山頂から淀川登山口までが 最も記憶に残ります。追い詰められた時間と体力。 そして気力。背中には10kg超の荷物を背負い、 すべてを振り絞って前に前にと一歩一歩 進みます。時には軽やかに木道を降ることもありましたが、 悪路でゴツゴツした岩場や木の根が張り詰めた上や 登り斜面などはゆったりとしたペースでしか 進めません。

所々に設置されている案内板に目を向け、あと5kmや あと4kmという表示に励まされます。しかし、それと 同時に1km=1時間という目安に気付かされます。 もうかれこれ1kmは歩いたかなと思ったころに 実際500mくらいしか進んでいなかったりもして、 案内板の表示をみて絶句して身体中から 力が抜ける思いもしました。

淀川小屋まであと2.5kmの案内板。このあたりが 一番辛かった。二人とも気力、体力の限界にきている。 息子が「あとどのくらい(時間)?」と尋ねてくる。 心では2.5時間と解かっていても、息子にこれ以上 辛い思いをさせられない。まして、バスに乗るために 淀川小屋から紀元杉バス停まで、さらに1時間近くは 歩かなければならない。合計3.5時間。 とてもじゃないがこの時正直には答えられなかった。

息子との距離がだんだんと間延びしてくる。 目視できなくなるたびに「来てるか!」、 「ガンバレー!」と叫び励ました。また、その声に 自分も叱咤激励された。なにより息子の頑張る 姿に励まされる。そんなことを数回繰り返した。 が、二人とも、もう限界の限界に、、、。しばらく 立ちすくみ二人ともしゃがみこんでしまった。

淀川登山口まで残り2km。テーピングした足は むくみ、膝には激痛が走る。息子も足のつま先が 痛くてたまらないと悲鳴を上げている。ザックからペット ボトルを取り出し水分を補給し、アメ玉で糖分を補う。 疲れた体にしみわたっていくように、少しだけ気力 を取り戻すのを実感する場面だった。「残り2km!ガンバルゾ!」 と気合をいれ再び立ち上がった。

この時点で、要所要所のチェックポイントの時間が15分遅れ で来ていて、焦りは増すばかりだった。さらに続く悪路。 急斜面、思い荷物が二人の進行を妨げる。一番辛かったのが 宮之浦岳頂上からの後半戦はなだらかに降っていくと勘違い していた事だった。辛い、足が痛い、膝が痛い。登り。 ん?「登り?」何で下山しているのに登山しなければならないのか? だんだん登り坂に腹が立ってきた。そう、いくつものピーク を超えながら下山するルートになっている。

後半は楽勝とたかをくくっていたのが間違いだったのか、 登りになるとそんな自分に腹が立つ。「クソー!」、 「もう絶対に来ん!」。息子も「ワー!」と叫び出した。 それから二人で、コンチクショー!、二度と来ん! 何で?下山してるのに登山せんといかんとかー! (方言丸出しでゴメンナサイ。)怒りの絶頂というか 絶唱でした。

おかげで?というと少し変だが、怒りにかまけて 幾ばくかの距離は稼げた。でもそうこうして歩いて いると、だんだんと怒りも無くなってきた。腹の底に 煮えくり返っていた怒りがだんだんと薄らいでいく。 そして腹の底から出し切ったのだ。怒りは山に捨てたと いえばカッコいいかもしれないが、もうへとへとで 怒りも湧いてこない常態だった。。

淀川登山口まで残り1.5km。といっても1時間30分。 ここから気合で乗り切るぞ!怒りの推進力を無くした 親子は、ここから気合で歩きだした。 オース!、オース!、ヨイショー!ヨイショー! トー!、トー!、おりゃー!、おりゃー!、、、 二人の掛け声が静まり返った山懐に響き渡る。 それでも幾度となく斜面が立ちふさがる。めげずに めげずに突き進む。だが、なんとなく感じていたが、 小高いピーク超えはジャブのようにじわりじわり と心を折っていく。目の前に急な斜面が迫ると またかーと心が折れる。

気合エンジン終了。もう怒りエンジンでも気合エンジンでも 前に進めん。最終バスの時刻には何とか間にあい そうだが、気力も体力も尽き果てた。そんな時、 呆然と立ちはだかる目の前の斜面を見ながら二人はどうしたと思いますか、、、?

「泣きました」ハイ、泣きました。もう泣くしかない、、、。 ハーンアーンとすすり泣き、背面からも息子のすすり泣く声が。ウーウーと。 振り返ると泣きながら顔をくしゃくしゃにしながら懸命に 歩く息子の姿をみてまたもらい泣きした。わーんわーん と泣きながら二人で歩いて行く。そうこうしていく内に 残り1kmを切った。

泣きのエンジンが全開だ。無我夢中で泣きながら歩いた。 歩いて歩いていくうちに一人の紳士的な登山者とすれ違った。 おそらく遠くから二人の泣き声を聞いていらっしゃたのだろう。 息子に登山口はもうすぐですよ!と声をかけていただいた。 思わず目を合わせた親子は、 この言葉にどんなに励まされたことだろうか。心から 嬉しかった。そして、なによりもこの二日間の屋久島縦走が 完結する瞬間がまじかに迫っている期待、そして達成感 が待ち遠しかった。

気力、体力、感情、全て出し切ったせいだろうか やけに身体が軽い。そして気持ちがいい。二人の ペースも自然と速くなっていった。そして最後の ピークを登りきり、ゆるやかな降りの先にアスファルト の道路が見えてきた。それは、普段よく見る普通の車道 ではなく、とても神々しいものであり、ゴールを告げる 場面でもあった。思わず やったーと叫びあい、二人で抱き合って喜んだ。 ヤッター着いた。がんばったー!、がんばったー!。 抱き合いながら、また自然と涙が溢れてきた。やりきったという 達成感と幸福感で心は一杯になった。

あとがき
屋久島縦走を終え、いろんな方にお世話になり、 ありがとうございました。また応援していただき、 この場をかりてお礼を申し上げます。 そして、これから屋久島縦走を計画している 方に少しでもお役に立てればと思います。 娘と共同で製作した粘土細工の屋久島模型を 使って紹介しています。 ごゆっくり「屋久島縦走-宮之浦岳ヘッドロック」 をご覧ください。乱筆失礼いたしました。


屋久島縦走タイムテーブル
白谷雲水峡〜縄文杉〜宮之浦岳〜紀元杉
時間 地点 備考
7:45 鹿児島港より高速船トッピー  
    (120分)  
9:45 宮之浦港着  
    (5分)徒歩  
9:50 屋久島観光センター(登山届け可) 登山用具・弁当
    (道向かい) ※不足分を補充
10:06 宮之浦港入口バス停 時間厳守
    (29分)  
10:35 白谷雲水峡入口  
    (25分)休憩所にて昼食  
11:00 白谷雲水峡 登山開始  
    (10分)  
11:10 飛龍おとし  
    (7分)  
11:17 さつき吊橋(ここから楠川歩道へ分岐)  
    (23分)  
11:40 三又路(原生林歩道と合流)  
    (2分)  
11:42 くぐり杉  
    (5分)  
11:47 白谷小屋 水場・トイレ ▲829m
    (5分)  
11:52 七本杉  
    (5分)  
11:57 もののけ姫の森  
    (35分)  
12:32 辻峠 ▲979m
    (15分)  
12:47 辻の岩屋  
    (35分)  
13:22 楠川分かれ ▲727m
    (8分) トイレ  
13:30 三代杉  
    (70分)  
14:40 大株歩道入口 水場・トイレ ▲912m
    (15分)  
14:55 翁杉  
    (25分)  
15:20 ウィルソン株 ▲1034m
    (60分)  
16:20 大王杉 ▲1206m
    (5分)  
16:25 夫婦杉  
    (40分)  
17:05 縄文杉 15分休憩 水場 ▲1312m
    (5分)  
17:25 高塚小屋 トイレ 水場なし
  テント泊  
2日目 地点 備考
6:00 高塚小屋出発  
    (75分)  
7:15 新高塚小屋 水場 栗生岳まで水場なし ここで水を補給
    (25分)  
7:40 第一展望所  
    (25分)宮之浦岳眺望  
8:05 第二展望所(坊主岩眺望) ▲1641m
    (35分)翁岳・宮之浦岳眺望  
8:40 平石岩屋  
    (15分)  
8:55 平石 水場少ない ▲1707m
    (35分)  
9:30 焼野三叉路 ▲1784m
    (40分)  
10:10 宮之浦岳 ▲1936m
    (30分)  
10:40 栗生岳 水場 ▲1867m
    (20分)  
11:00 翁岳 ▲1880m
    (20分)  
11:20 安房岳 ▲1847m
    (20分)  
11:40 投石岳 ▲1830m
    (20分)  
12:00 投石平  
    (20分)  
12:20 黒味岳分岐  
    (20分)  
12:40 花之江河 ▲1600m
    (15分)  
12:55 小花之江河  
    (15分)  
13:10 展望所(高盤岳/トーフ岩を眺望)  
    (95分)  
14:45 淀川小屋 水場・トイレ ▲1380m
    (25分)  
15:10 淀川登山口
※タクシー利用の場合事前予約必要
▲1360m
    (25分)  
15:35 紀元杉着 バス停 登山終了  
     
16:21 紀元杉〜安房 最終バス 時間厳守
  ※バスの時刻は夏季時間です 時刻表は要確認


-インフォメーション-
当サイトは屋久島縦走の魅力を少しでも解かり やすくたくさんの方に紹介できればと思い 運営しています。屋久島の歴史や観光 スポットなどを中心に紹介しています。どうぞ ごゆっくりご覧ください。また、旅の計画 などにもご利用ください。