雲南百薬でいきいき健康生活しませんか
雲南百薬で健康生活

雲南百薬について

はじめに

雲南百薬との出会いは、友人から体に良い成分を豊富に含んでいると聞き、持病をもつ母の為に数年前から栽培をはじめたのがきっかけです。 それまでは園芸とはほぼ無関係だった私が、栽培していくうちに、植物の生命の尊さを知り、少しずつ 芽を伸ばしていく姿に愛らしさを感じ、日々の生活の中でたくさんの癒しを与えてもらってます。

このサイトでは、そんな雲南百薬と健康との関係を中心に、 体験談をもとに紹介しています。試行錯誤を繰り返しながら、自分なりに考え出した栽培法や 収穫のタイミングやポイント、主な調理法などもまとめています。 また、今では食事用や観賞用以上になくてはならない存在となった雲南百薬。健康面での関わりなど、 実体験を通して感じたことや改善されたことなども掲載しています。興味のある人は読んでみてください。


主な成分と効能

マグネシウム 62.3mg/100g 筋肉の機能を正常にする。自立神経失調症糖尿病・狭心症・便秘・ガン"
カルシウム 70.8mg/100g 骨や歯を形成、白血球の食菌作用を助ける。アレルギー・骨粗そう症・気管支炎・胃潰瘍
亜鉛 0.709mg/100g 細胞の新生を促す。高血圧・心筋梗塞・ガン・味覚異常
0.164mg/100g 血液をきれいにし、コラーゲンの生成に働く。貧血・静脈瘤・生理不順・生理痛・白内障
葉酸 24ug/100g 赤血球を形成し、免疫力を向上させる。皮膚のしみ・動悸・息切れ
ビタミンA 1740ug/100g 胃腸や肺の粘膜を強化する。視力・動脈硬化に効果


雲南百薬について
うんなんひゃくやく
雲南百薬の主な成分のマグネシウムは特に突出していて、レタスなどの野菜の8倍近く あると言われています。実はこのマグネシウムが私たち親子の健康の源となっていると 勝手に思っているのですが、 他の成分も、キャベツやピーマンなどの野菜と比べると遥かに高い数値になっています。 きっと何らかの形で健康促進に関わっていると思います。
雲南百薬と糖尿病

雲南百薬と糖尿病

雲南百薬の栽培のきっかけの一つになったのが母の糖尿病です。 もともと運動が苦手だった母は、不規則な食生活などの要因もあり、 幾度となく入院を余儀なくされていました。一時期は血糖値が800、ヘモグロビンA1cの値 が、正常な人であれば通常、HbA1c値は 5.8%以下となっていますが、なんと 14%超もありました。合併症を引き起こす場合が多く、大変危険な状態でした。

病院の先生からも緊急入院ということで、1ヶ月ほど精神的、肉体的にしぼられ、 ようやく退院。しばらくは健康的な生活を送っていました。 しかし、生活習慣はなかなか変えられず、月日が経つごとに少しずつ少しずつもとの 不健康な状態へ戻っていきました。そんな時に出会ったのがこの雲南百薬でした。




最初は物珍しさで栽培していたのですが、 母の毎月の定期健診で、なにやら変化が起こっているようでした。 血糖値、ヘモグロビンの数値が少しずつ改善されていったのです。 医学的に立証された効能ではないものの、毎月の定期健診で月を追うごとに 健康値に近づいて行っているので、私も母もニンマリでした。

現在では血糖は300、ヘモグロビンA1cの値が7.5%前後で安定しています。 もちろん、すべて雲南百薬のおかげとはいいませんが、苦手だった運動も、頻繁に 散歩するようになり、楽しみな食事もカロリーの計算や量を調整したりと、本人の頑張りが 一番の結果をもたらしたのだと思います。雲南百薬はそういった意味では、 健康志向を高める良いきっかけづくりになったのではないかと感じます。
雲南百薬とパニック障害

雲南百薬と自立神経失調症

これは、私の体験談です。 自立神経失調症と縁のない方はいったいどういう症状かと聞かれてもピントこない 人がほとんどだと思います。病院の先生曰く、男性の場合、更年期障害の一つと おっしゃいました。耳鳴りがしたり、偏頭痛で悩んだり、こういったケースは ほとんど更年期障害の一症状だと思われます。 自立神経失調症の詳しい説明は今回趣旨と異なりますので、割愛させていただきますが、 私の場合の症状は、交感神経と副交換神経のバランスがくずれる、非常に質の悪い 症状でした。それで、交感神経と副交換神経のバランスがくずれるどうなるか。

ある日突然、恐怖感に苛まれます。ちょっと脅すようで、失礼かもしれませんが、 本当の話です。運動もしていないのに、心臓がどくどくと激しく脈をうち、 頭に血がのぼるというか、血圧が上がり、呼吸困難に陥ります。いわいる過呼吸 状態です。自分の理解出来ない体の動きに恐怖心がさらに追い打ちをかけます。

この症状が頻繁に続くと、パニック障害と診断されます。(たぶん私もその一員でした) 2回目の症状が約半年後に訪れて、病院にかけこみました。この時も突然襲いかかる 恐怖心に体がどう対処してよいかわかりません。まして、自分が体験したことのない 状況に不安感でいっぱいになるのです。病院の先生が念の為に「CT検査をします」と言われ、 あの狭いスペースに閉じ込められて、精神的恐怖に耐えられるかと自問自答するくらい、 自分自身が追い込まれていたのです。 うんなんひゃくやく






本当に恐い症状なのですが、お医者さんからすると、倒れて死ぬことはまずありません。 とさらっとした対応です。 今から思うと精神的要素が多分にある症状なため、 その時は、最善の対応をされたのかなと思います。

しかし、それを聞いて少し安心した とともに、この病気をきちんと理解しようと思い、自立神経失調症やパニック障害に ついて書かれている書物を読みあさり、また、病気とは直接関係がない春山茂雄氏の 脳内革命などの本まで読んだりして、自立神経失調症の理解を深め、どううまく付き合っていくかを 経験してきたように思います。

それから数年の間に、生活習慣も次第に変化してきました。 とにかく、自分でコントロールできない副交換神経に目をむけ、 温泉に入ってゆっくりと過ごしたり、好きな趣味をみつけ楽しんだり、 癒し効果のあるものを取り入れたりとしていくうちに、だいぶ自立神経失調症も 改善されてきました。

しかし、それでも1年を通すうちに、1度や2度は体調不良や バランスが崩れた時に、軽い症状が現れたりしていました。季節の変わり目や、 風邪気味の時、飲み過ぎた翌日などは特に注意する。などといった自分自身をコントロールする 戒めなども体得していったのです。

そして、雲南百薬と出会ってなによりも感じた事ですが、その成分もさることながら、 癒し効果が極めて大きかったことです。毎日水をあげる時に少しずつ成長する姿が、 とても愛らしく、愛おしくてたまらなくなったのです。

また、雲南百薬に含まれる マグネシウムの効果もだんだんと体感し、実感とともに健康的な体質へと変化していって いるような気がします。あくまでも個人の感想ですが、雲南百薬の栽培を始めて、ここ数年は あの不安度120%のパニック障害の症状は影を潜めている状況です。 これからも安ずることなく、真心をもって栽培していこうと思っています。 自立神経失調症に悩む人に少しでも雲南百薬栽培の癒しが伝わればと思います。


 
 


Copyright © 2011 雲南百薬で健康生活 All rights reserved. ※無断転写を禁じます
免責事項:当サイトにおける情報は作者の体験、感想を元にするものであり、保障するものではありません。自己責任にてご利用ください。